避難所に犬連れてくる奴って何なの?

状況分かってんの?
ペットだか何だか知らないけどさ。
何人かの被災者と協力して、あからさまに嫌な顔して文句言って
飼い主ともども追い出してやったわ。
多少口論になったけど、コッチの言い分が正論。
臭いし、うるさいし、不衛生だし、貴重な食料も消費するし。
避難所には赤ちゃんだって居る。
何で人間が畜生と同じ敷居で寝泊まりせにゃならん。
冗談じゃありませんよ。
常識考えろよ。
これ以上イラつかせんなよ。

【新潟】高3男子、いじめ苦に自殺か 重大事態に認定ー新潟県教委

7/10(火) 19:44配信
毎日新聞

 新潟県教育委員会は10日、下越地方の県立高3年の男子生徒が、いじめを苦に自殺した疑いがあると発表した。近くいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定し、第三者委員会で自殺の経緯などを調査する方針。

 県教委によると男子生徒は6月27日に行方が分からなくなり、家族や県警が捜したところ28日に遺体で発見された。生徒はいじめを受けていたとの趣旨のメモを残しており、学校側が生徒たちに聞き取り調査をした結果、生徒によるいじめがあった可能性を把握したとしている。男子生徒への身体的な暴力は今のところ確認されていない。

 県教委はいじめを前提とした調査を進めており、結果がまとまり次第、遺族に報告し、第三者委員会に調査を要請する。花角英世知事は10日、「将来ある若者が亡くなられたことは残念でならない」とのコメントを発表した。【井口彩、南茂芽育】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000090-mai-soci

【eスポーツ】日本代表、開会式出ちゃダメ アジアの五輪 JOC、選手団からなぜか除外[06/28]

アジアの五輪といわれるアジア競技大会に、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の日本代表選手が初めて出場することになった。
国内予選を勝ち抜いた11人の選手のうち3人が東アジア地域予選を突破。
これを受けて日本オリンピック委員会JOC)はエントリー手続きをするが、
JOCが派遣する正式な日本代表ではない」という位置づけだ。
日本代表であって日本代表でない――とはどういうことなのか。

■「代わりに判を押してあげただけ」

日本では「テレビゲームがスポーツなのか」という意見が根強い(5月に開かれたeスポーツの国内予選)
 焦点となっているのは8~9月にインドネシアジャカルタで開かれるアジア競技大会だ。
同大会はアジア・オリンピック評議会(OCA)が4年ごとに開催する国際総合競技大会で、JOCが日本代表選手を派遣する。
ジャカルタでは初めてeスポーツが公開競技に採用されることになり、
日本を含む27の国・地域の選手が6つのエリアに分かれて予選を戦った。

 本戦の出場権を得た日本人選手はサッカーゲームウイニングイレブン」で2人、カードゲーム「ハースストーン」で1人。
韓国、中国、台湾などの強豪がひしめく東アジア地域予選を勝ち抜いただけあって、
競技団体の日本eスポーツ連合JeSU、東京・中央)は「上位入賞できるかもしれない」と期待する。

 だが代表選手を派遣するはずのJOCは、我関せずというスタンスだ。
「(エントリーの書類に)JOCの判がなければ出場できないので、代わりに押してあげるだけ。
eスポーツの選手を派遣するのはJeSUであって、JOCではない」。
日本代表としての統一ユニホームや現地での滞在費支給は無し。JOCの公式記録にも残らない。

 大会が始まっても、JOCが派遣する正式な日本代表でないeスポーツの選手たちは開会式や閉会式に出席できない。
現地ではホテルなどの宿泊場所が不足する可能性が高いが、
「選手村に入れるかどうかはインドネシアの組織委が判断すること」とJOCは突き放す。

JOCへの加盟、道筋見えず

 背景には、eスポーツに対する態度を決めかねているJOCの事情がある。
もともとJOCの内部には「テレビゲームがスポーツなのか」という慎重な意見が根強い。
「eスポーツが公開競技になると現地から連絡を受けたのはつい先日で、きちんと議論している時間がなかった」とJOCは説明するが、
内々には以前から分かっていたことで、結論を先送りしてきたのは間違いない。

続きはソースで

NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32224460V20C18A6000000?channel=DF090520172480

【森友/代用監獄】接見禁止、窓なし独房 籠池夫妻の長すぎる勾留に元裁判官も疑問視

接見禁止、窓なし独房 籠池夫妻の長すぎる勾留に元裁判官も疑問視
2017.12.6 07:00
https://dot.asahi.com/wa/2017120500031.html


 大阪地検補助金詐取などの容疑で7月末に逮捕されて以降、森友学園前理事長の籠池泰典被告と妻の諄子被告の勾留が長期化している。検察は証拠品の押収や関係者の聴取を終えたが、起訴後も身柄を拘束されたままだ。しかも家族との接見も禁止。手紙のやり取りも弁護人を通じてしかできないという。

 元刑事裁判官の安原浩弁護士が疑問を呈する。

「証拠隠滅の恐れという理由が考えられますが、この事件はずっとメディアも含めて大騒ぎしてきましたからね。籠池さん夫妻はあちこちからさんざんたたかれたりつつかれたりしながら、ようやく逮捕されたわけですから、証拠隠滅の対象になるものはもう何も残っていないと思われます。検察は収集した証拠で十分と判断したから起訴したのだろうし、接見禁止まで付いているのは理解できません。逆に検察官が証拠隠滅の可能性が高い理由を説明できなければ、勾留請求は認められないはずです」

 籠池夫妻は容疑に対して完全黙秘を続けたという。勾留請求の却下率は、裁判員制度がスタートした2009年まで1%以下だったが、現在は3%台にまで上昇している。近年飛躍的に伸びたとはいえ、まだまだ低水準だ。黙秘や容疑を否認している者は、いつまでたっても拘束され続けるという「人質司法」はいまだ解消されていない。

【アイドル】元NMB48“みるきー”渡辺美優紀、2年ぶり芸能界復帰「お久しぶりです!」 誕生日ライブ開催

16年8月にNMB48を卒業した渡辺美優紀(24)が、約2年の充電期間を経て、芸能界に復帰することが決まった。
25歳の誕生日となる9月19日に東京・青海のZepp東京、同21日に大阪・なんばhatchでライブを開催。
みるきー”が日刊スポーツの単独取材に応じ、復帰への思いを語った。

取材場所に現れたみるきーは「お久しぶりです!」とアイドル時代と変わらぬ笑顔を振りまいた。
約2年の充電を経て、吉本興業の関係者らによる事務所「roundcell(ランドセル)」に所属し、復帰することが決まった。

「卒業当時は自分が何をしたらいいのか分からなくて、迷走してました。いろいろなエンターテインメントに触れる中で、アイドル時代に築いたファンの皆さんとの絆も大切にしたいし、あらためて何かを感じてもらえる存在でいたいなという思いがどんどん強くなっていきました」

2年間、それまでほとんどしたことがなかった読書に励んだり、映画も200作品以上鑑賞。
舞台や、ライブにも足を運んだ。今年3月には、約1カ月間カナダに語学留学。
米国にも足を運び、シルク・ドゥ・ソレイユの「O(オー)」を見て、刺激も受けた。

「ステージに立って、ファンの皆さんが目の前にいて…という空間が好きでした。そして、それが自分なんだとも気付きました」

人生観も変わった。

「人生は1回ですし、ちょっとのことでは動じなくなったというか、いろいろなことを受け入れられるようになりました」

充電期間中も、インスタグラムなどSNSは継続。
ファンから復帰を望む声も届いていた。だからこそ、復帰はファンの前と決めていた。
現在はライブに向けてボイストレーニングに励み、新曲も準備している。

「歌に限らず、とにかく楽しいと思ってもらえることをやって、ファンの皆さんと創り上げていきたい。私の人生をおもしろいと思ってもらえたら最高ですし、いい意味でサプライズを起こしていきたいです」

新たな「渡辺美優紀」がどんな姿を見せてくれるのか楽しみだ。

渡辺美優紀(わたなべ・みゆき)
1993年(平5)9月19日、奈良県生まれ。愛称「みるきー」。
10年10月に、NMB48の創設メンバーとしてデビュー。
翌年発売のデビュー曲「絶滅黒髪少女」でセンター。
選抜総選挙は2回選抜入りし、最高位は15年の12位。
14年9月に「じゃんけん大会」で優勝し、同12月「やさしくするよりキスをして」でソロデビュー。
16年8月に同グループを卒業。チケットなどのライブ情報は、新公式HP(http://milky.world)まで。
身長155センチ。血液型B。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00265404-nksports-ent

インタビュー詳細
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00265407-nksports-ent
http://pbs.twimg.com/media/Dh3Fv6LU8AAsyA0.jpg

NMB48 “みるきー渡辺美優紀
http://pbs.twimg.com/media/Dh3JZtfVMAA-miM.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BhahM0KCAAA19j2.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DhKfGDsVMAA2ebJ.jpg

【中国メディア】朝鮮半島の非核化が実現すれば、「日本は核武装の口実がなくなるぞ」[06/18]

http://news.searchina.net/id/1661496?page=1

 世界唯一の被爆国である日本が核兵器保有することは非現実なことと思えるが、中国では過去の歴史からか、「日本は核武装の野心を持っている」と疑いの目を向ける人が少なからず存在する。

 だが、このほど米朝会談が行われたように、朝鮮半島の非核化が実現すれば「日本の核保有も可能性がなくなる」という見方があるようだ。中国メディアの捜狐は、日本は核武装するための「北朝鮮の脅威」という唯一の口実が使えなくなると論じる記事を掲載した。

 記事は、朝鮮半島の非核化に向けて事態が大きく前進したことを世界中が喜ばしく思っていると指摘する一方、日本は「もしかしたら落胆しているかもしれない」と主張。米朝の駆け引きのなかで日本は必死で存在感をアピールしていたと指摘しつつ、そんななかで「日本は好ましくない形で新聞の見出しを飾った」と主張、それは米国が日本に対してプルトニウム保有量を削減しろと要求したことだと指摘した。

 プルトニウム核兵器の材料となるものであり、米国は核不拡散を理由に日本に保有量の削減を要求したと紹介。日本が大量のプルトニウム保有し、核兵器を製造できる能力も持つことは公然の秘密であるとし、米国の高官も2016年に「日本は極めて短時間で核兵器保有できるだけの能力がある」と認めていると指摘した。

 続けて、日本は北朝鮮の脅威を理由に、核保有についての議論が浮上するなど「これまで不安な情勢が続いていた」と指摘する一方、米朝会談によって朝鮮半島の非核化が現実味を帯びてくると日本の核保有に「変数」が生じたと主張。日本の核保有は国際的な懸案の1つであり、もし、日本が核兵器保有すれば地域の安全は破壊され、軍拡競争が激化したはずだと主張した。(編集担当:村山健二)