【W杯】日本の報道陣、ロシア人に襲われる あわや大惨事・・・「日本人を極端に敵視している男性」(旅行代理店関係者)★3

【ロシア・カザン発】サッカーロシアW杯で日本の報道陣がロシア人に襲撃され、あわや大惨事となる騒動に巻き込まれた。

西野ジャパンが大金星を挙げた19日のコロンビア戦の終了後、本紙を含む記者やカメラマン、
テレビ局のクルーなど日本の報道陣約60人が陸路でキャンプ地カザンに戻るため、バス2台に分乗して会場のサランスクを出発した。

 カザンまでは8時間以上を要するため道中にトイレ休憩を挟むが、最初に立ち寄ったドライブインで事件が発生した。
すでに日をまたいだ深夜0時すぎで人影はまばらだったが、報道陣が施設を利用しようとバスから降車すると、
居合わせたロシア人男性が大声で怒鳴って激高。
報道陣に付き添っていたロシア人ガイドがなだめても聞く耳を持たずヒートアップし、周囲にいた数人ともみ合いになった。

さらに男は何を思ったか、乗用車に乗り込むと急発進。近くにいたスポーツ紙記者めがけてハンドルを切った。
その記者は間一髪のところでかわしたが、男はさらに暴走を続け、無差別に報道陣を狙う。
いったん車から降りると、今度は銃のようなものを取り出し「パン!」。周囲に乾いた音が鳴り響くと、報道陣はパニック状態に陥った。

その後、騒ぎを聞きつけた警察がパトカーでドライブインへ到着する直前に男は逃走。
バスを運行した旅行代理店関係者は「なぜだか理由は分からないが、日本人を極端に敵視している男性のようで、
ガイドが説得しても収まらなかった」と説明。どうやら“人種差別主義者”による犯行だったようだ。

 男が発砲したのも本物の銃ではなくモデルガンの一種だったが、殺傷能力を備えたもので、
一歩間違えれば死者が出てもおかしくなかった。
負傷者こそ出なかったが、日本代表の激戦の裏で報道陣が思わぬ災難に見舞われてしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000030-tospoweb-socc

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529656903/
2018/06/22(金) 13:39:13.11