【サッカー】長友「理解して」ボール回しは4年間の覚悟の結晶

W杯ロシア大会で決勝トーナメント進出を決めた日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)が29日、ポーランド戦のパス回しに理解を求めた。前日28日のポーランド戦の終盤、0-1でリードされている中、他会場の結果も考慮して、このままだと1次リーグ突破を決められることから自陣でボールを回し時間を稼いでいた。

 長友は「サッカー選手としてプロとして、ファン、サポーターのみなさんにはもどかしい思いをさせてしまった」と謝りながらも「でも、ブラジル大会で負けて、この4年間どれだけ僕たちがロシアに懸けてきたか。エネルギー、覚悟をかけてきたか。少しでも理解してもらえるとありがたい。(16強に進出し)やっとスタートラインに立てた」と素直な気持ちを話した。

 日本史上初のベスト8を懸けて戦うのはベルギー。FIFAランク3位の強豪に勝たなければいけない。長友は「タレント集団の中に連動とかチームワークが加わって、どうしたらいいか。でもどんな相手でも立ち向かってぶつかっていくだけ」と力強かった。


6/30(土) 2:46配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00253836-nksports-socc