6か月次男を暴行し死なす、容疑で22歳男逮捕(読売新聞)

生後6か月の次男を暴行し、死亡させたとして、大阪府警は12日、大阪市此花区、父親の自称アルバイト松崎大治(たいち)容疑者(22)を傷害致死容疑で逮捕した。「何もしていない」と容疑を否認しているという。

 発表では、松崎容疑者は昨年12月17日、当時住んでいた大阪市淀川区のマンションで、次男を暴行し、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせて死亡させた疑い。

 松崎容疑者は当時、妻(22)と長男(2)、次男の4人暮らし。事件があった日は、自宅で長男、次男と一緒だった。外出先から帰宅した妻が、次男がぐったりしているのに気づき119番。次男は1月に死亡し、病院が児童相談所に通告していた。

 松崎容疑者は府警の任意聴取に「ソファに寝かせていたら床に落ちた」と説明。府警が複数の医師に鑑定を依頼したところ、急性硬膜下血腫などの傷害は暴行が原因である可能性が高いとの結果が出ていた。

 松崎容疑者は今年1月、読売新聞の取材に「自分は関係ない」と話していた。