【アニメ】ディズニー、アニメ映画の3DCGデータを無償公開 “モアナの島”丸ごと約45GB分 研究用途に期待

ディズニー、アニメ映画の3DCGデータを無償公開 “モアナの島”丸ごと約45GB分 研究用途に期待
7/6(金) 20:55配信 ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/06/news118.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000082-zdn_n-sci

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/06/l_ky5622_Disney-01.jpg

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/06/l_ky5622_Disney-02.jpg

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/06/l_ky5622_Disney-06.jpg

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/06/l_ky5622_Disney-08.jpg

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/06/l_ky5622_Disney-10.jpg

米Walt Disney Animation Studiosはこのほど、ディズニーのアニメ映画「モアナと伝説の海」(2016年)に登場する架空の島「モトヌイ島」の3DCGデータアセットを無償公開した。研究目的やソフトウェア開発用途に限り自由に使える。

公開されたデータには、島に生息する木や植物、岩、海、海中生物、雲などを含む150億以上の要素が含まれているという。島全体を静止画として書き出すために必要なデータだけで約45GB、アニメーションとして動かす場合に必要なファイルはさらに約24GBにも上る。

データのライセンス要項、アイテムごとの解説などは、同時に公開されたReadMe(PDF)から確認できる。

同社のライセンスによると、このデータを使った制作物にディズニーの社名や「モアナと伝説の海」といった名前を使うことは許可されていない。公開されたデータを示す場合は「モアナ島の風景」と呼ぶことを推奨している。

データを公開した理由について、同社は「新しいレンダリングアルゴリズムや技術的アイデアの開発、テストおよびベンチマークに役立つデータセットになることを願っています」としている。